トト隊がゆく

totolog.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

わんこを迎えるまでのこと<2> 相棒が必要

そういうわけで (どういうわけ?)、昔からワンコには一目おいている隊長ですが、
不思議とこの年になるまで「実際に犬を飼おう」という気持ちにはなりませんでした。

心のどこかで「観葉植物ですら育てられない私に、生き物の世話などムリ」
と確信しておりました。  自分のことで精一杯だったのです。

ところが2004年秋、私は人生を左右するであろう出来事に遭遇し(←おおげさな・・・)
色々とプレッシャーを感じ、がらにもなく悩んでおりました。
そりゃもう人生でこれほど悩んだことがあろうか。いやない。というほど曇っていたのです。

そのときふと、なぜか 「ワンコ飼いたい・・・」と思いました。
すると、うまくイメージできなかった自分の将来が、描けたような気がしました。
一緒に生きてくれる戦友というか、相棒が必要だったんだろうと思います。

そう思いついてしまったらもはや突進は止まらず、
なんと近所を散歩中の愛犬家をつかまえリサーチする、という暴挙にでたのであります。
柴犬は私好みの硬派だが、室内犬としては難しいかもしれない。
どこかにいないか、私の相棒となってくれる、賢い室内犬よ!

するとある日、父が「今日かわいい犬をみた」と言う。父がそのように誉めるのは珍しい。
ちょっと興味がわき、さっそく張り込んだ。父も一緒に。

果たして出会ったその犬こそ、トイプードルでありました。
[PR]
by totogoru | 2006-02-27 00:43 | わんこを迎えるまでのこと

手作りお洋服

とうとうばあやさんが、このブログの存在に気づいたようである。
ばあやと呼ばれたことに文句がありそうだったので、
このへんで彼女のご機嫌をとっとくことにします。

ばあやさんは最近、ワンコ服の製作にはまっている。
王子に合うサイズの既製品がなかなか見つからないため (でっかいからね)、
自分で生産することに決めたようだ。

最新の一着。
f0076529_2475542.jpg



いったいどこで撮影してるのだ、という気もするが、
まあよしとする。


友情出演:トトさん



f0076529_321347.jpg


うしろには持ち手がついています。
ちなみに王子を持ち上げてみたところ、ビリッというイヤな音がしてました。






レインコート。f0076529_3232523.jpg



注)囚人服ではありません。

王子の陰鬱な表情が気になります。







記念すべき第一作。f0076529_330382.jpg



でた!王子服です。

いったいぜんたいどういうつもりなんでしょう。隊長からは
それ以上何も言うことはありません。




ばあやさんは「トトにもおそろいで作ってあげる♪」と言ってくれますが、
この王子服をみた瞬間に丁重に断りました。
[PR]
by totogoru | 2006-02-26 03:45

よみがえるいやな過去

今夜(あ、もう昨夜だ)の一件 <↓下記参照> でイヤなことを思い出してしまった。
荒川静香さんのエキシビジョンを待つ間、そのことでも書こう。
(あきらかに息切れしそうな勢いでトトログ更新中)

昨夜は、我が家にわんこが来てからNo.5くらいにランクインする騒ぎであったが、
実は隊長は個人的に、これを上回る焦りを体験したことがある。

トトは小さい頃、やたらとマウンティングをしたがった。
隊長としてのプライドがあるので私には絶対させなかったが、ばあや・座椅子・クッション等が、その主な標的であった。 (ばあやは未だにやられることがある)

ある夜、仕事をしている私の横で、またモコモコやりはじめた。標的は座椅子である。
「やめなさいみっともない!」と何度か戒めたが、あまりにしつこいので無視の刑に処す。
するとトトは心ゆくまで座椅子にいばりちらした後、ひじょうに不自然な格好で
「フィ~ン・・・フォ~ン」と私に何か訴えはじめた。

何事かと思いよく見てみると・・・おちんちんが戻らなくなっているではないか!!

これにはあせった。 おちんちんは戻る様子もなく、うっ血しはじめている。
どどどどうしよう・・・真夜中だけど、病院に電話を・・・
電話? 電話して「おちんちんが出たまま戻りません」って言うの!?!?

電話をにぎりしめたまま、隊長は呆然とした。 でも背に腹はかえられない。
リビングに行って電話帳やらを持って部屋に戻ると、トトは無事復活していた。
おそらく隊長に置き去りにされたのでおちんちんもひっこんだのであろう。


この事件以来、私は頑としてモコモコをやめさせたのだが、
油断するとばあやなどは面白がってやらせていた。
『モコモコのテーマ』なる歌まで作って歌っていた。 ほんとにやめて頂きたい。

おとなになった最近では、私の努力がものをいったのか、はたまた去勢をしたためか、
トトはほとんどモコモコやらなくなりました。
[PR]
by totogoru | 2006-02-25 01:21

びっくりしたなぁ、もう

今夜はおそろしい出来事がおきてしまった・・・。

夕食後、隊長はいつものようにお風呂に入ることにした。
隊長が夕食の片付けやら入浴やらしている間、
トトにはリビングで、牛アキレスと共にハウスしてもらう。

そのアキレスをどうやら、のどか食道につまらせたらしい。
ばあやさまが血相をかえて、私を呼びに来てくれた。
私が風呂場からかけつけたときには少し落ち着いていたのだが、
その前の数分間、それはもう苦しそうであったという。
みてると時々「カーッ」とえづき、スースーと息がもれるような音もする。
口を開けて見てみても何も見えないので、遅くまでやってる病院に連れて行く。

しかし・・・病院に到着する頃には、トトはすっかり落ち着いたのであった。
念のため診てもらうと「アキレスは胃におちたようですね。食道を傷つけたかもしれないから、消炎剤を出しておきますね。」と言ってくださった。

本人はすでにケロッとしているが、とにかく慌てた夜であった(とくにばあやが)。
私も一部始終を見てなかっただけにトトの状態がつかめず、あせった。
お母様、トト、ごめんなさい。アキレスはもうあげません。助かりました、ありがとう。
f0076529_0115764.jpg

       ばあやさん しんぱいしてくれて ありがとう (涙目)


追伸:この騒ぎの間、王子はびっくり仰天して家の果ての玄関まで逃げて
    暗がりでひとり、しょぼんとしていたのであった。ごめんよ王子。
    トトの様子がこわかったの?それともばあやの形相がこわかった?
[PR]
by totogoru | 2006-02-24 23:57

わんこを迎えるまでのこと<1> わんこ好きの起源

隊長は昔っから、異常なまでのワンコ好きであった。
その起源はたぶん、小学生低学年の頃に出会った「クロくん」にある。
(このタイトルでそこまで遡るのか!)

クロくんは捨て犬であった。兄弟3匹でダンボール箱に入っていたのを、
近所のお友達と一緒に発見してしまったのだ。

私たちは、当然のよに面倒をみることにした。
白・黒・茶の3匹のうち、黒くんは最も子供ウケしないルックスをしていた。
私はなんとなくその黒くんの担当となり、生後1ヶ月にもみたない彼を
(それなりに)一生懸命お世話した。

やがてクロくんは近所のお友達の家で、シロちゃんは知らない人のおうちで、
茶色くんは近所のおばちゃんの家で、飼われることになった。

小さかったクロくんは、大きくなるにつれ私のことは忘れるだろうな。
と思っていたのだが!このクロくん、私のことを決して忘れることはなかった。
みんなで遊びに行っても、必ず一番に私に熱烈挨拶をしてくれるし、
クロくんちの庭の前を通りかかると超喜んでアピールしてくれたものだ。
クロくんは義理がたく賢かったのだ。

それ以来ずっと、隊長はワンコに一目おいている。
f0076529_1665289.jpg

                    ↑成長したクロくんはたしか、こんな感じだった

※クロくんたちはたまたま優しい飼い主さんに巡り合えましたが、
 現在も多くの捨て犬、迷子犬が管理センターで悲惨な死をとげています。
 「保護された犬がどんな姿で命を絶たれるか、知ってますか?」
 と言いながら、熱心に活動を行っている人が熊本にもいます。
 犬と暮らす人も、そうでない人も、しっかり認識すべき現実だと思います。



ところで私の母親は、私が小さい頃に一度、ごみを出しに行って
自分が捨て犬を回収して帰ってきて、祖母に超怒られていた。
40にもなってそんなことして怒られているあたり、さすが隊長の母。
[PR]
by totogoru | 2006-02-23 16:39 | わんこを迎えるまでのこと

プーチャ隊のご紹介

<プーチャ隊>
■隊員/プーチャ王子、ばあや、じいや。
      王子は溺愛された末、飼い主であった者たちを侍従にしてしまった。

<王子>
■血統書名/ASCETIC OF FLORESS BELL JP
         アセティクと読むのだそうです。やっぱ王子っぽい。

■呼び名/プー、プーちゃん、プーさん、プーたろりん、ぷっぷ。
       王子なのにプーたろうと呼ばれている。

■性別/♂、ただしすでにおかま。

■生年月日/2004年11月16日。2匹の妹(姉?)とともに生まれる。
         そのきょうだいはなんとティーカップサイズであった。

■毛色/RED。ばあやは王子の毛色がいたくお気に入りである。
      しかし最近背中に白髪の剛毛が急増し、ばあやを不安に陥れている。
      そういえばトトも背中に白髪が急増したが、いつのまにかなくなった。

■ベスト体重/6.8㎏くらい?骨格も筋肉もがっちりしているマッチョマン。
         ほっとくとどんどん増え続けるかもしれない。
         重すぎて腕が痛いと嘆く侍従たちを尻目に、トト隊隊長は
         「立派な体だ。」と日々賞賛している。

■性格/人間ぽい。たぶんものすごく賢い。しかし有効活用はしていない。
      言うこときかんくせに必要があれば服従してみせる狡猾さをもつ。
      甘えっこ。人の顔みりゃおもちゃを咥えて挑んでくる。
      内弁慶。お出かけ先ではびっくりするほど良い子に化ける。
      おちつきもあるし、外ではほとんど手がかからない。
      挙動はなんとなく、どんくさい。
f0076529_15472295.jpg

  ↑外ではおりこうな王子

<侍従たち>

■ばあや・じいや/トト隊隊長の両親。実の娘より犬たちを可愛がる。


ばあやとじいやは一日も早く、王子から王座を奪還できるよう頑張ってください。
[PR]
by totogoru | 2006-02-22 16:08 | じこしょうかい

トト隊のご紹介

<トト隊>
■隊員/トトと隊長。
      隊員も隊長もけそけそしてるので「けそけそ隊」とも呼ばれる。

<トト>
■血統書名/DAVY OF FLORESS BELL JP
         そういえばデイビーくんだったね。久々に思い出した。

■呼び名/トト、トトころりん、トトんこ、ちんころべえ。 どれも変な名前。
       ちなみに「ちんころべえ」とは我が家で一番チビな者をこう呼ぶ。
       隊長も末っ子だったため、幼少の頃こう呼ばれた。

■性別/♂、ただしすでにおかま。

■生年月日/2005年2月10日。ひとりっこ。

■毛色/しつこいようですがBLACK。

■ベスト体重/3.8kg。

■性格/天真爛漫、単純明快。おちつきがない。甘えっこ(くっつきたがる)。
      たぶん臆病者。初めて会った人には人見知りする。
      たいていいつもキョトンとした顔をしている。挙動もキョトキョトしてる。
f0076529_14195538.jpg

写真は先月(2006年1月)のトリミング直後のトトさん。
写真じゃわからないけど軽くモヒカンであった。
いつもしっぽが垂直に上がっていて下がることはめったにない。


<隊長>
■性別/女子。女子ったら女子。おばあちゃんになっても女子。

■職業/たてものの設計。えせ建築士。やる気なし。

■その他/B型。水星人(-)。←だからなんだ。


トト隊の結束はつよく、隊員がいないと隊長は独り言を言いだす。
隊員のほうは隊長がいなくてもべつに平気そうではある。
でもでも、隊員は隊長に、絶大なる信頼をよせボスと認めて・・・
いるはずだ!たぶん。
[PR]
by totogoru | 2006-02-22 14:59 | じこしょうかい

はじめまして

f0076529_137312.jpg

はじめまして、黒プードルのトトです。おとなりは赤プードルのプーチャです。
プーちゃんのほうがデカイ顔して写ってますが、主役はぼくです!よろしくです。


プーちゃんはぼくの腹違いの、血のつながったお兄ちゃんです。

縁あってすぐ近くに (というか同じ家の端と端に) 住んでます。
プーちゃんの飼い主は、ぼくのボスのご両親で、
ぼくとぼくのボスが、ちょっとの間、居候しているのです。
だからここにも、プーちゃんがちょくちょく出没するもようです。


このブログの管理人は、ぼくの管理人でもある??トト隊隊長です。
隊長の独断と偏見で色んなことが綴られていくみたいです。


写真は、良い子にしとかないと何を書かれるかわからない!!
とばかりに珍しく緊張した、ぼくとプーちゃんです。
[PR]
by totogoru | 2006-02-22 02:30 | じこしょうかい
line

ブラックプードルのトトと隊長のくらしぶり報告書。   


by totogoru
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite