トト隊がゆく

totolog.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

食べすぎ隊。 (←さりげなく熊本弁とかけてみた)

先日のショボンヌ=ド=トトちゃんを見たばあやさんから、案の定怒らりた隊長です。
しかしトっちゃんはショボンヌを装いつつ、ドリフのように私が背中を見せた瞬間に
名づけ親さんに美味しいものをねだったりしているようなので、だまされてはいけません。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+
トトさんは手作りごはんになってからというもの、とつぜん食に目覚め、
ドッグフードも食べるし、「ごはんごはん」 というそぶりをよくするようになりました。
あのごはん嫌いだったトトさんが・・・  栄養は足りてるんですよね?

そのせいか、トトさんは心なしか少ぉーし重くなったような気もします。
これは隊長の目を盗んで名づけ親さんがおやつをやっているせいかもしれない。
こんど病院に行ったとき、体重を量ってもらわなくては!!


そして隊長もヤバイことになってます。
今日なんか食べ過ぎて、散歩のときに走ったら身体が重かった・・・

<今日たべたもの>
朝 : パン + ピーナツバター + やさい + スープ
   (これはまぁふつう。ピーナツバターは最近のブーム)
昼 : チョコチップスナックパンを半袋、練乳フランスパン、でっかいぶたまん2個
   (ずっと仕事してたので、気づいたらさしいれをこんなに食べていた)
夜 : ねぎとろ丼 + うどん
   (おつきあいで珍しく外食)

f0076529_1525414.jpg


←ちなみにチョコチップスナックパン
  これを半分食べたのか・・・






もともと自他共に認める大食らいですが、明らかに炭水化物のとりすぎです。
夜なんか丼とうどんて・・・ ラグビー部かよ。

さすがの隊長も書き出してみて胃もたれしました。
今日は出張所(?)にて一日じゅう仕事したりトトんこと遊んだりしてたので、
こんな食事になっておりますが、日ごろはもっと華麗な食生活です。
トトんこはお肉と野菜がたっぷりの、もっと華麗な食生活です。
[PR]
by totogoru | 2006-04-28 02:15

Little Ecru 『すてごちゃん』

こんぬつは。 本日はワンコとは関係のないお話ですが、
楽しみにしていた本が手元に届き、悦に入っておる隊長です。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

f0076529_18254094.jpg



シンプルで小さな本です。でも中にたくさん宝石がつまっています。






f0076529_18254986.jpg



わがままが言えない、
小さな子供のお話です。






f0076529_18423312.jpg



こんなに可愛い絵とともに
お話が綴られています。






f0076529_18462180.jpg



勝手に載せていいのかな・・・
と、ここまで書いて思った。






じつはこの本の作者、東京に住む友人なのです。
「本つくった」 と1冊送ってくれたのですが、なんかやたらそれが宝物になってしまい、
新たに自分でも数冊注文してしまったしだいです。

なんというか、日々ぼけらぁと暮らしている隊長ですが、
こういうものを見ると、世の中には心の中に宝石をもってる人がいて、
これはそのおすそわけだ。と、思わずにいられないわけです。

自分でも大切に愛蔵しますが、なんとなく人にも贈りたくなる本です。
もったいないのでめったなことでは贈りませんが(笑)
しかも本屋さんでは買えません。 えっへん(←イケズ)

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

ところで、すてごちゃんならぬ、まいごのななちゃんは今どこに・・・
ななちゃんは今どこで何を思う? 元気でいることを祈りつつ。
ななちゃんのHP
[PR]
by totogoru | 2006-04-26 19:18

ものすごく反省しているトト ↓

隊長です。

ふだんは超優しいワタクシですが、たまにはトトを本気で怒ることがあります。
それはトトが、人に吠えたときです。

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
トトは男性が苦手で、特に黒い服を着たおっちゃんには、吠えてしまうことがあります。
(ほっかむりをしたおばちゃんなんかも、かなり危険度が高い)

コワイ気持ちは分かるので、出来るだけ叱らずに、可能ならおっちゃんに頼んで
そっとおやつのひとつも与えてもらって手懐けて頂きたいところなのですが、
いつもかつもそんなお願い出来るわきゃありません。

で、「だいじょぶだいじょぶ、ぜ~んぜん怖くないよ~」 とかなんとかムリヤリ言って
落ち着かせてきたわけですが、やっぱり根本的解決にはなりません。
毎回 「ダメ!」 と言いきかせても、また別の日には吠えるのであります。

先日などは、なぜか学生さんの自転車に吠えかかり、隊長が止めるのも聞かずに
追いかけてまで吠えようとしたので、とうとう史上最大の隊長の怒りを買ったわけです。


「 いいかげんにせんかっ!! 」

と、学生さんも縮み上がる野太い声で一喝したのち、ただちに散歩中止。
いつもならなんだかんだと話しかけてくる隊長が、無言で顔も見ずにガンガン歩いてくので
トトは必死でついてきます。

家についても隊長は顔を見ません。声もかけません。無言で足を拭いて終わり。
では、隊長が本気で怒っているのを悟ったトトの様子をご覧ください。

f0076529_2021412.jpg




ひとり
部屋の片隅で
小さくなる。








f0076529_20342941.jpg




遠くから
隊長の様子を
うかがってます。








f0076529_20354463.jpg




うかがってます。










f0076529_20372612.jpg


あまりの
ビビりように
こちらのほうが不安になり、
「もぉいいよ」
と言ってもまだ
固まってます。






あんまりビビって震えているので、このときばかりは
「これが心の傷となって残り、性格まで変わってしまったらどうしよう・・・」
と焦りました。 無言の私がそんなに怖い? 私ってそんなにいつもお調子者?

おやつをやって慰めても出てこないので、とりあえずトトのごはんでも作るとする。
するってぇと・・・(江戸っ子)
f0076529_22124316.jpg



ビビりつつも気になる様子です。










このあと無事ごはんをたいらげ、やっといつものトトさんに戻られました。

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

「黒い服を着たおっちゃんよりも、怒った隊長のほうが怖い。」
トトさんがそう思ったかどうかは知りませんが、
これ以後おっちゃんたちに吠えてません。    いまのところ。

あー。これを読んでばあやさんが 「トトちゃん可哀想じゃないの!!」
と鬼の形相で怒る様子が目に浮かびます。 そしたら私も部屋の隅で小さくなろ。
[PR]
by totogoru | 2006-04-25 22:32

【プーチャの部屋】 僕のお気に入りとお母さんの新兵器

僕のお気に入り編
f0076529_14264576.jpg

トトがいなくなって僕は一人遊びを覚えたんだ。
今特に僕のお気に入りが上の写真の小さなボールって訳だよ。
このボールで遊ぶ時 僕の口の周りが唾液でべとべとになるので、お父さんやお母さんはいやがっているけど、僕としてはこれが何故なんだか好きなんだよね。
結構長い時間部屋中をころがしては遊んでいるけど、ちょっと退屈してきた時には下の写真のようにわざとソファーの下に入れたりして近くにいる誰かを仲間にしてしまうんだ。
f0076529_1226977.jpg

「誰か撮ってよーっ ヒューン クィーン」ってね!
そうすると「ん~ 又?」って仕方なさそうにボールを取り出してくれるんだけど、相手に引き出してしまえば僕の勝利?出来るだけわざとっぽくないように何度もソファーの下に入るように転がしては「クィーン」って
楽しいよ! トトもやってごらん。

お母さんの新兵器編

f0076529_1330167.jpg
以前僕の無駄吠えをなくそうとお母さんが一生懸命に頑張っている話を紹介したけど、なかなか効果があがらないのでついに写真のようなものを買ってきたんだ。
これが首に巻かれた最初の日 僕はびっくり!「わんっ」って言う度に耳の近くでピーといういやな音が聞こえるんだもん。
「んっ?何だ?」当然僕はワンって言うよりも先になんだ?って思ってしまうよね。
どうもそこがお母さんのねらい目だったらしくて、「ワン」 ピー 「ワン」 ピー ???ってなる訳。
すると すかさず「プーちゃんおりこうねぇ 静かにしようね」
お母さんは満足そうに僕をなでなでしてくれた。
で、賢い僕はこの装置を1日でクリアしたんだよ。すごいでしょう?

2日目 「わん」 ピー、「わん」 ピー、「クィーンクィーン」 ピー!!
もう僕はへっちゃらだ!音はするけどちっとも怖くなんかないよ。
今も僕の首には装置がついているけど ちょっと鬱陶しいだけで、なんてことはないよ。

お母さん ごめんなさい、何故僕がこの装置に反抗しているかというとね、僕が思うのにこれは感度が良すぎるのか?出来が悪いのかどっちか解らないけど、お散歩中風が吹いてきてもピーって鳴るし、どうかすると僕の鼻息ででもピーっていうんだよ。なにより癪なのは僕がガムをもらってかじっている時にカリカリの音に反応してピーっていうこと。
最初はその度にんっ?ってなったりして僕はこんがらかってしまったんだよ。
わんって言う時だけぴーって鳴るんだったら あっわんって吠えたらいけないんだって思うけど、何でもない時にだってピーッって鳴ると僕はどうしていいんだか解らなくなってしまうでしょ?
そんな訳で僕はこの装置を無視することにしてしまったんだ。
[PR]
by totogoru | 2006-04-24 14:21 | 【プーチャの部屋】

【しつけ】  トトのしつけの第一歩。

トトさんを育てるうえで、たいへん役に立ったことがあります。
それは 「めやにとり」 。 

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
トトは小さい頃、今よりもさらに落ち着きがなく、それはそれは暴れん坊将軍でした。
抱っこしても全くじっとしておらず、目薬でも注そうもんならエライ騒ぎです。
隙あらばマウントしようとするし、そういえば他の犬にお腹をみせることも滅多にないし、
隊長はじいやさんやばあやさんに 「こりゃぁ大変ばい。」 と、よく言われたものです。

しかし、じいばあの予想に反して、トトはわりかし従順な子に育ったのであります。
それは毎日隊長が、暴れるトトをふんじばって目やにとりした成果なのであります。


f0076529_03731.jpg
ではいきます。














f0076529_051810.jpg

蒸したガーゼで
固まった毛を
ふやかします。











f0076529_093445.jpg

よぉく
櫛を通して
めやにをとります。



f0076529_0133281.jpg




きれいに
ふきとります。









f0076529_0155638.jpg















--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

f0076529_021581.jpg
お次は耳掃除。
ガーゼの面を
変えながら
耳の中を拭きます。

知らんふりして
毛も抜きます。







f0076529_0273735.jpg
諦めてます。














--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

f0076529_0295395.jpg
最後は歯磨き。
荒行なので
ごほうびを用意。












f0076529_0305975.jpg
トトは口が小さく
見えづらいので
ガーゼでやります。

指に巻いて
感触を
確認しつつ
くまなく磨きます。





f0076529_0334842.jpg
犬歯も
奥歯も
はぐきも
しっかりね~


はぐきって
ヘンな言葉。









f0076529_0351779.jpg
ごほうびを
もらって、
おしまい!


また耳が
裏返ってるし。








--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
これが毎朝の日課です。
ブラッシングは毎日、散歩のあとにやります。

昔は目やにとりの②あたりで大暴れしていたものですが、
どんなに暴れても隊長が諦めなかったため、
観念してトトは、隊長のなすがままとなったのであります。

それからというもの、暴れん坊だったトトが、目やにとりの姿勢をとると
即座に鎮まるようになり、隊長の目をしっかりと見るようになったので、
あぁ、目やにとりがナニか功を奏したのであるな、と分かった次第です。

「この人にはかなわない・・・」
トトがそう思った瞬間、トト隊の結束は生まれたのでございます。

ところで
[PR]
by totogoru | 2006-04-24 01:23 | しつけ

お助けトトがゆく

隊長です。
トトさんは手作りごはんにより、近来まれにみる よいうんち を産出しておられます。
ドッグフードも食べるようになったし (ローテーション効果)、よかったよかった。

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

ワタクシ、長い間、家事の中で料理だけは嫌いだ。と思っておりましたが、
最近たのしさが分かって参りました。 ちょっとハマりつつさえあります。

もしトトがいなかったら、外食ばかりして、この楽しさに一生気づかなかったことでしょう。
料理以上にめんどくさかった買い出しだって、トトと散歩しながら行けば
これほど楽しいことはありません。 家から30分のスーパーにだって余裕で行くよっ!
f0076529_1564791.jpg

↑最近お気に入りの散歩道。 ここを通って市役所や大きいスーパーに行く。

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--

犬と暮らしていると、色んないいことがあるよなー。 と、最近つくづく思います。

知らない土地でもすぐに色んな人と知り合いになれるし、
こんな素敵な場所があった!と毎日発見があるし、
出不精なワタシでも、活動的になるってもんです。

また、仕事でボロ雑巾のように疲れて帰って来た家族も、トトの熱烈歓迎により
疲れもふっとびニコニコ顔になります。 ちょっと気持ち悪いほどに。

トトと一緒なら、毎日が楽しい。
と書いてみて思ったけど、アタシ、トトと結婚しようかしら。

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
f0076529_233868.jpg

↑ここもトトが連れて行ってくれた、姫路城の横にある博物館。
  (い、いやワンコは入館できませんけども)
  ミュージアムカフェのテラスで一服。
  トトが居なけりゃこんなところを散歩することも、なかっただろうなー。
[PR]
by totogoru | 2006-04-23 02:46

やってみました、手作りごはん。

最近トトが、毎日毎日毎日毎日食べてるスパミールを
「もういいかげんホントに飽きたにょろよ!!」 と言うので (←ほんとか?)、
以前からちょっとやってみたかった手作りごはん、始めてみました。

ワタクシ、トトがごはん作ってる横で 「ファ~ン」 とせがむのを、初めて見ました。
また、掃除機のようにガフガフとごはんを吸い込むのも初めて見ました。
王子がのりうつったかと思った・・・

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
これが本日のトトさんの夕食 (左は水)。 味もそっけもない盛り付けです。
f0076529_1523884.jpg

コレだよコレ!これを待ってたんだよ!
被写体ブレするくらいの動きで食いつきました。
f0076529_0451913.jpg

誰にもジャマはさせないにょろ
f0076529_046838.jpg

もうないの? 落ちてたりしない?
f0076529_0472263.jpg

最後にはこんなに皿を押しやるほど舐めつくし、あっという間に完食。
f0076529_0484296.jpg


ま・・・ほとぼりが冷めれば、飽きてしまったスパミールもまた食べるでしょう。
というか、手作りごはんに飽きたらまた食べるでしょう・・・(ー゛ー)
※ トトさんは同じメニューがずーーーっと続くとイヤになる。
どこまでも飼い主に似るやつめ。

本日の内容は
[PR]
by totogoru | 2006-04-20 02:04 | トトめし

とさけん・・・?

隊長の実家は九州にあります。

九州におったころ、トトと一緒に散歩しておると、
ときどき土佐犬を連れたおっちゃんが自転車で
「どいたどいた~!あぶないよっ!」
とか言いながら、颯爽と走りぬけて行ったものです。

土佐犬よりもおっちゃんのほうがコワイ、
一部の飼い主さんたちの間では囁かれていたものですが、
隊長はこのおっちゃんが嫌いではなかった。

--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
一番最初にこのおっちゃん&土佐犬さんとすれ違いそうになったとき、
でっかい土佐犬にトトがビビって吠えるかもしれぬと思い、
立ち止まってトトの気をそらし、土佐犬さんが行過ぎるのを待っていた。

するとおっちゃんは離れたところから
「アンタそっち行きなっせ。おりゃぁこっちに行くけん」 と大声でおっしゃった。

もしかして態度があからさまで失礼だったかとも思い、
「あ、すみません。大丈夫です!(怖かったわけじゃないんです)」
と私も大声で返した。

するとおっちゃんが 「こっちが大丈夫じゃなかったい。この犬は噛むけんね。」
とおっしゃったので、言われたとおりにトト隊は 「そっち」 に行くことにした。

おっちゃんはいつもこうやって散歩をしているため、
一部の飼い主さんからは怖がられていたのであろうか?
でも土佐犬を散歩させてる人の態度として、正しいのではないかと私は思った。

余談だが、でっかい日本犬さんとすれ違うとき、同様にトトの気をそらしていると、
その日本犬の飼い主さんが自分のワンちゃんに 「大丈夫よね。お利口だもんね。」
と言いながら去っていくのを見て、これまた失礼したなぁと思っていたら
後日お散歩友達のワンちゃんがこの犬に噛まれていた。 どういうこっちゃ。


土佐犬を連れたおっちゃんは、後日再びすれ違うときに、あらかじめ道を譲って
離れていたら、「ありがとよっ!」 と言って、また颯爽と去って行った。


--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--
その地元で70代の女性が土佐犬に首を噛まれて亡くなられたというニュースを、
昨日の朝、姫路でもやっていた。

いつもは施錠された犬舎の鍵が、この日は外れていたのだという。
なんというニュース、なんということだろう。

おばあちゃんはどんなに怖かっただろう、ご家族は今どんな想いだろう。
これが自分の身内だったら私はどうするだろう・・・と考えながら、
どうかあのおっちゃんの土佐犬でありませんように、とも考えてしまった。


コメントのしようもない話ですみません。
[PR]
by totogoru | 2006-04-19 02:34

ご開通!

「ご開通!」って、別にベンピが治ったとか、そういうことではありません。
やっとやっと、仮住まいのインターネット(Bフレッツ)が繋がったのぉ~。
嬉しい、うれしいったら嬉しいっ。

もう日々跳ね上がってゆく携帯の料金に怯えることもなく
(携帯をパソコンに繋いでデジタル通信とかしていた)、
好きなだけ好きなときにネットが出来るのよぉ~。 幸せさ。

というわけで今日は記念に、私のあぐらの上にてへそ天で寝るトトさんの画像をば。
f0076529_1312218.jpg

水牛なのは昔も今も変わらず。 どこが顔か分かりますか?
[PR]
by totogoru | 2006-04-18 01:35

【王子の受難 番外編】  積み木くずし

ななちゃん続報!
頑張れ! 帰っておいでー。 そしてどうか、ご協力をお願い申し上げます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆
少し前の記事で、トトのお兄ちゃんである 王子(本名プーチャ)
股関節の骨頭切除の手術を受けたことを書きました。(カテゴリ 【王子の受難】 )

小型犬プードルではこのての手術は珍しいのでは? と思っておったところ、なんと!
同じように股関節の手術を受けたという、プードルの茶タロウくん
先日、トトログに、足跡ペッタンしてくださいました。 嬉しかったぁ。

茶タロウくんは術後間もないのに、みるみる元気を取り戻しているようです。
その調子でいっぱい動いて筋肉をつけるんだ、頑張れー!

◆◆◆   ◆◆◆
健気に元気を取り戻した茶タロウくんに対し、思えば王子の心の傷は深かった・・・。
手術入院後の王子は、2ヶ月間くらい、こんなドヨンとした目をしていた。
f0076529_1459832.jpg

王子の心の傷が如何ほどだったかと申しますと、
まず、あの食欲旺盛な王子が!24時間365日なにか食べたい王子が!
ごはんを食べなくなったのであります。

いつもなら掃除機のようにごはんを吸い込み、鼻につめてフーカフーカ言ってみたり
オヤジのようなげっぷを繰り出してみたりする王子が、
まったく自分からごはんを食べず、ばあやさんに一口ずつ食べさせてもらうしまつ。

はて、具合が悪いのか? と心配になり、病院に連れて行ってみました。
すると王子は尻尾をふり、お姉さんに甘え、先生に甘え、
こともあろうに診療台の上で、病院のごはんをガッつくではありませんか。

「診療台の上でごはんを食べられるなんて、大物ですねぇ(笑)」
と言われるほどの 『病院好き』 の称号のみを頂き、病院を後にした。

◆◆◆   ◆◆◆
しかし家に帰ってみると、やはり食べない。病院と同じフードをあげても食べない。
尻尾もふらない。 甘えてもこない。 呼んだって来やしねぇ。

完全にグレています!! 
賢い王子は、入院のときに 「ぼくは捨てられた」 とでも思ったのでしょうか。
その証拠に、捨てられた後 (つまり入院中) にとても良くしてくれた、
病院の方々のことが、王子は今でも大好きです。 喜んで病院に行きます。

ふてくされた王子は (もちろん傷の痛みもあるのでしょうが)、
ひがな一日、窓辺に陣取って、どよんとしています。
f0076529_14494185.jpg

ここ↑で家の外と内を見張り、「自分の身は自分で守らねば」とでも言わんばかりに
周囲を警戒し、電話の音やインターホンが鳴れば吠えたてます。
受話器の向こうの声はおろか、喋ってる自分の声すら聞こえません。
この場所からほとんど動かず、その姿と目つきはまるで老犬のようです。

◆◆◆   ◆◆◆
こんな王子を可哀想に思い、当然ながらばあやさんは優しくしました。
呼んでも来ないならば、こちらからご機嫌をうかがいにあがります。
ごはんを食べないならば、手で食べさせてあげます。
リハビリの屈伸運動を嫌がるならば、もうしません、と引き下がります。

そうです。こうして王子は王子へと成り上がっていったのです。

教訓 : どんなに可哀想でも、飼い犬に媚びてはいけない。
      ご機嫌をうかがってはいけない。


王子はこの後しばらく、扱いにくい冷めたワンコとなっていきました。
しかもー吠えるしーハウスにも入らないしー言うこと聞かないしー。

見かねたばあやさんと隊長は、しつけ教室のお世話になることにしました。
これがよかった! 傷の完治も手伝って、現在の王子は、
甘えんぼで無邪気な、カワイイ子に戻ったのであります。

私信 : チャママさんへ
[PR]
by totogoru | 2006-04-14 15:46 | しつけ
line

ブラックプードルのトトと隊長のくらしぶり報告書。   


by totogoru
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite